Top スカイダイビング初体験 ;>スカイダイビング体験談・ビデオ講習

2007年04月23日

スカイダイビング体験談・ビデオ講習

スカイダイビングの当日。
なかなかいい天気で、晴れていたし風もなかったので、
これならスカイダイビングができるだろうと思い、
電話で決行されるかどうかの確認はしないで、
自宅を出ました。

スカイダイビングショップに指示された待ち合わせ場所から、
携帯電話で到着を連絡すると、
オートバイに乗ったお兄さんが迎えに来ました。

オートバイの後ろについて、
車でスカイダイビングの離着陸地(ドロップゾーン)に行きました。

砂利道、未舗装道路を進んで、
平地の葦(アシ)の茂る中をどんどん進んでいきます。


久しぶりにオフロードのような道を走り、
アウトドア気分がドンドン盛り上がってきました。

私の車は軽自動車なんですが、
いや〜、
四駆がほしいな〜、
四駆で走ったら気持ちいいだろうな〜とか、
オフロードバイクもいいな〜、
今度挑戦してみたい!とか、
ドンドン心も体も開放されていきました(笑)。
(テンション、上がっていきます!)


未舗装の道の途中で、熱気球が降りていました。

あ〜、熱気球で空中散歩もしたい!と思いました(笑)。



さて、スカイダイブのドロップゾーンにようやく到着。

スカイダイビングスクールの講習生たちが、
インストラクターと一緒にグランドトレーニングをしていました。

へ〜、
あの人たち、一人で飛ぶんだ!
すごいなあ・・・と、
これからスカイダイビング初体験のために、
緊張で少しコチコチになっている私は、
ちょっと尊敬のまなざしで見てしまいます。


それから奥に、ヘリコプターが停まっていました。

あのヘリから、飛び降りるんだ!
あのヘリで、
スカイダイビング体験(タンデムスカイダイビング)(タンデムジャンプ)をするんだ!
と思うと、よろしくお願いします!という気分(笑)。


受付で名前を言い、
まずはインストラクターと一緒に、
スカイダイビングのビデオを見ました。

ヘリコプターの中での座り方。
このヘリは運転席しか、椅子がないんですよね。

なんで椅子がないんだろう?
と思いましたが、実際に乗ってから椅子がない理由がわかりました。


体験スカイダイビングの場合、
体験者とインストラクターはハーネスで体を固定させるんです。
二人で一緒に飛びますからね。

でも、二人の体をハーネスでつなぐのは、
ヘリコプターから飛び降りる寸前です。

狭いヘリコプターの中で、
体験者がインストラクターの足の上に座って、
ハーネスを固定させたりするのは、
椅子があると狭くてできないんですよね。


そんなわけで、
スカイダイビング講習のビデオは、
まずヘリコプターの中での座り方、
そして運転手の椅子にさわらない、
運転席の機械類や操縦かんなどをさわらない、
という話から始まりました。


「スカイダイビング体験談」のトップページに戻る
posted by スカイダイビング at 03:25 | スカイダイビング初体験

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。