2007年04月28日

スカイダイブ体験談を聞く2

スカイダイビング体験を私より先にした人たちの話を聞くのは、
緊張している私にとっては、とても役に立ちました。
まず、誰もスカイダイブ(タンデムジャンプ)(タンデムスカイダイビング)をこわがったいなかったので、
私も、恐怖心や緊張感を持たなくても大丈夫なのだということ。
(コレで、ちょっと体の力が抜けました(笑))

そして、
「飛び降りたあと、力入れてないつもりだったんだけど、
けっこう肩に力が入ってたなあ・・・。
あれがなかったら、もっと楽しめたんだけどなあ」
と言っていた男性がいました。

ナルホド、
体の力を抜いた方が楽しめるんだ!
と理解しました。

体をリラックスさせた方が楽しめるのか、
と頭に入ったのは、幸いでした。
コレが、後の体験スカイダイビングのフリーフォールのときに、
とっても役に立ったのです。

このおかげで、身体の緊張を自らとくことができて、
体がリラックスしたせいで気持ちもリラックスし、
楽しい!
と感じることができたのです。

フリーフォールがこわい、
という気持ちが、身体の緊張をとることでなくなったのです。


それから、
私は普段から自分の意見など他人に言えないタイプなので(恥)、
私も思い切って、絶叫してみたい!(笑)
と思いました。

やってみたいと思ったことをドンドンやってみようと思って、
スカイダイビング初体験に挑戦したので、
絶叫もやってみようと思いました。



そして、私がヘリコプターに乗り込む番になりました。
「楽しんできてね」
と、絶叫お兄さんに声をかけられました。

インストラクターから渡されていたゴーグルと革の薄い手袋を早くも身につけて、
プロペラが回って、すごい風が沸き起こっているヘリに向かいました。

2番目にスカイダイビングで飛び降りる人と、
そのインストラクターがヘリに先に乗り込みました。

それから私、そして私のインストラクター。
私は写真撮影を頼んでいたので、
カメラマンが最後に乗り込みました。

私はDVD撮影もしてほしかったのですが、
DVD撮影はなくて、ビデオ撮影しかないそうです。

カメラマンになぜDVD撮影がないのかと聞くと、
パソコンの機種やソフトなどによって、
撮影したDVDが見れなかったりするからだそうです。
(最近も、DVD撮影した子供のスキーの様子がパソコンで見れませんでした。友人のパソコンやテレビにつなげると見れるのに・・・)


ヘリコプターのドアが閉められると、
インストラクターがシートベルトのようなもので、
私の体をヘリに固定してくれました。

それからヘリコプターは離陸しました。
前のめりになって・・・(おもしろい!ワー!)。

それから右に急旋回して(楽しい!キャー!)、
ドンドン上昇していきました。


「7〜8分で、高度4000メートルに行きますよ」
と、インストトラクターが声をかけてくれました。

ヘリコプターに乗るのは、久しぶり。
晴れているけど、ちょっと雲が出ているので、
富士山までは見えませんでした(残念)。

でも午後から少しくもってくるそうなので、
午前中に飛んでよかったー、と思いました。


関東平野を眺めながら、
子供たちにも見せてやりたいなあと思いました。

インストラクターに、こどもは何歳から体験スカイダイビングができるのかをたずねると、
16歳から、とのことでした。

そうかー。
16歳になったら、わが子たちにやらせようっと(笑)。
(こわがって、いやがるだろうなあ(爆))


「スカイダイビング体験談」のトップページに戻る
posted by スカイダイビング at 06:01 | スカイダイブ体験談

2007年04月27日

スカイダイブ体験談を聞く

ジャンプスーツを着た私は、ヘリコプターが体験スカイダイビング(タンデムスカイダイビング)者を乗せて飛び立つのを見ていました。

ヘリコプターは5人乗りだそうです。
タンデムジャンパーたちが乗り込むと、
ヘリは飛び上がりました。

が、ヘリの飛び方っておもしろいですね!
初めて間近で見たわけでもないんですが、
ヘリコプターは操縦士や乗客が乗っている前の方が重いんですね。

離陸直後は、ヘリが前のめりになって進んでいくんですよ。
そして右に急旋回をして、
ドンドン上へ、上へとのぼっていきました。

そのうち、ヘリコプターの姿が小さくなって、どこにいるのか見えなくなりました。


コーヒーを飲んでいていいよといわれたので、
私は冷たいミネラルウォーターを紙コップに入れて飲みました。

やがて、空高くにパラグライダーの丸い形が見えました。
それがだんだん大きくなって、人の形が見えてきました。

ドンドン地上に落ちてきます。

あ〜っという感じで降りてきて、
タンデム体験者とインストラクターの二人が地上を走って、
無事着地。


見ている私もホッとして、
もう一組が落ちてくるのを見上げました。


体験スカイダイビングを終わったお兄さんたちが、
着地するとすぐに歩いてきて、
(ヨタヨタなんて、していませんでした(笑))

しっかりした足取りで戻ってきて、
すぐにジャンプスーツを脱ぐと、
コーヒーを飲みにやってきました。

もう、顔がニッコニコ(爆)!


「どうでした〜?」
と、自分がまだ未体験で緊張しているので、
恐る恐るたずねると、
「よかったですよー!!もう1回、やりたい!」
「コレ、はまっちゃうね〜」
と、もう楽しくて仕方がなかったという話しぶり。

こわくなかったかと聞くと、
こわい感じはなかったとのこと。

あえて言えば、
ヘリコプターが離陸して、前のめりになって進んだとき、
ちょっとこわかった、
という男性がいました。


ヘリコプターから飛び降りるときもこわくはなかったそうで、
飛び降りたあとは、

もう絶叫!絶叫!絶叫!!

だったそうです(笑)。

うれしくって。
楽しくって。


へ〜、絶叫するほど楽しいんだ〜。

「のどが痛いよ〜」
と言うので、風圧で息がしにくかったのかとたずねると、
「絶叫したから(爆)」
とのことでした。


次のヘリコプターからも、
スカイダイビング体験者(タンデムジャンプ)がおりてきました。

アベックだったので、
女性の方にこわくなかったかと質問すると、
やはりこわくはなかったとのこと。

ちょっと緊張している私ですが、
誰もこわがっていなかったので、
自分もこわがらなくてもいいんだ〜と安心しました(笑)。


アベックの男性の方は、
やっぱりずーっと絶叫していたそうで(笑)、
先ほどの絶叫お兄さんと、
「ヒョーとか、言ってたよ」
「オレは、ワーとか」
と、絶叫語録を比べあっていました(笑)。

もう一人のお兄さんは、
「絶叫するのが、声を出すのがもったいない気がして、
それよりキョロキョロして、見渡すのに集中した」
と言っていました。

なるほど、
そのお兄さんは、絶叫兄ちゃんよりおとなしめの感じのお兄さんでした(笑)。

性格が出るな〜と、ひそかに笑った私でした。


「スカイダイビング体験談」のトップページに戻る
posted by スカイダイビング at 16:09 | スカイダイブ体験談

2007年04月26日

スカイダイブとジャンプスーツ

スカイダイビングのビデオ講習が終わると、インストラクターからジャンプスーツを着るようにいわれました。
スカイダイビング体験(スカイダイビングタンデム)(タンデムジャンプ)申し込みの予約をしたとき、
運動しやすい格好で来てください、といわれていたので、
Tシャツと長袖シャツ、下はスエットで来ました。
自分の服は脱がずに、その上からジャンプスーツを着るのです。

ジャンプスーツ(jumpsuits)というのは、
シャツとズボンの上下が一続きになっている服のことです。

簡単に言えば、つなぎですね(笑)。
車の修理屋さんがよく着ているような感じのものです。


ただしスカイダイビング用のパイロットウエアになるので、
もっと体にぴったりしています。
素材も、ツルツルした感じのものでした。


運動靴を脱いで、ジャンプスーツをはきます。
足首と手首は、マジックテープでとめるようになっていました。

野外の原っぱで、
ビニールシートが敷いてある上で、
ジャンプスーツを着ました。


なお、ジャンプスーツを着る前に、
トイレに行っておいた方がいいですよ!!

トイレは、キャンピングカーが停まっていて、
キャンピングカーのトイレを利用しました。
(キャンピングカーの中に初めて入りました。
けっこう、狭いと思いました(笑))


さて、靴をはいて、靴ひもをしめたら、
靴をはいたままでいいからと、ハーネスを着せてもらいました。

インストラクターがハーネスを持っていてくれて、
それをジャンプスーツを着た足で足を通し、
それからリュックを背負うように両腕を通します。

インストラクターが長さを調節してくれて、
終わり。


あとは、自分が飛び立つのを待つばかり(ドキドキ)。


ヘリコプターからは、
体験スカイダイビングは一度のヘリに乗れるのが2組ずつのようで、
私は3番目のヘリだといわれました。

「1時間くらい待ちますか?」
と聞くと、
「30分くらいだと思います」
といわれました。


しかし、その待ち時間がよかったんです、私には。

というのも、
先にジャンプした、体験スカイダイビングをした人たちの話をいろいろ聞けたから、
とても参考になったのです!


「スカイダイビング体験談」のトップページに戻る
posted by スカイダイビング at 15:07 | スカイダイブ体験談

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。